浅葉りなオフィシャルブログ

ゲームシナリオやマンガ原作、小説など文章を書いて生計を立てている浅葉りなのブログです。ライター歴は15年。仕事は女性向中心ですが、男性向もお受けしています。最近の仕事はTL小説やTLマンガ(原作)、BL小説などが多め。小説、マンガ原作、ゲームシナリオなどの仕事のご依頼は随時受け付けております。お問い合わせはお気軽にどうぞ!

■現在のスケジュール(→詳細はこちら
  • 【TL/BLマンガ原作】 2017年2月~
  • 【TL/BL小説】 2017年4月~
  • 【ゲームシナリオ/サブ】 2017年2月~
  • 【ゲームシナリオ/メイン】 2017年6月~

 お見積り・ご相談はメールフォームからお願いします。返信は基本、48時間以内に行います。Skypeでのお問い合わせをご希望の方は右下のSkype Meボタンをクリックしていただくか、ID:writer_asabaにお名前・所属を添えてメッセージやリクエストを送信してください。在籍時にはSkype通話が可能です。
 実績やこれまでの経歴に関してはホームページの方にまとめてあります。

雑記

嫌がらせ被害を受けているので手口まとめ


こういうのを繰り返し言わないといけないのは本当に面倒くさいんですが、私に言いがかりをつける人の手口が「嫌がらせをする」→「私が怒って文句を言う」→「脅迫された!と騒ぐ」→「それを周囲に触れ回る」みたいな、当たり屋的な感じになっているので…。注意喚起もかねて。そろそろいい加減にしてください。

私が脅迫をしているとか中傷をしているとか言って、しかもそれを出版社やらゲーム会社やらに送りつけたりもしているようなんですが、要はそういうことです。
私は他人を脅迫したりはしませんし、当然ながら中傷も一切しません。
ただ、相手が言いがかりや嫌がらせ、個人情報晒しなどの行為を繰り返すので警告することはあります。
相手に酷い中傷をされて言い返すこともあります。
実際に言われたものとしては、プロだと言い張っているが実は無職なので頭の病院に入院させるべきとか、アニメグッズの個人間取引で詐欺を働いているとか。他にも色々ありますが、あまりにも事実無根過ぎますし、名指しでこんなの言われたら私だってさすがに怒ります。

プロなんだから批判されても受け入れろ、なんて言ってこういうことを言っている人たちに関しては、きちんと「貴方のしていることは批判ではなく事実無根の中傷である」と言うべきだとも思っています。
私は自分の作品について、仕事で関わったものについて何を言われても(それが事実無根のデマであったりしない限りは)反論しません。
でもこれがあいつは詐欺師だとか、ストーカーしてるだとか、入院すべきだとかに関してはプロ相手になら言ってもいいと思っているんだとしたらそんなことを考えている側がおかしいんですよ。
事実無根の言いがかりを受け入れなくてはならない理由はどこにもありません。



▼ブログランキング参加中です
にほんブログ村 BL・GL・TLブログへ にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ





音楽を大音量で聞くと疲れを感じにくい話


これをTwitterで見たので試してみたわけですが、これが結構いい感じ。
昨日は2時間ほどうとうとしただけなんですが、現時点では結構元気です。
キューピーコーワゴールドα-プラスモンスターアブソリュートリーゼロを飲みながらなのでカフェインのせいという可能性もあるし、プラセボ効果の可能性も十分あるけど)

30代になると体力が落ちるみたいなのは昔から聞いていて、ほとんど寝なくても平気だった20代の頃と違って24時間に1回は睡眠をとらないとならない身体になってしまったこともあり、昔ほど無理が効かなくてですね……。

若い頃と違って、決まった時間に眠くなって決まった時間経過後に目が覚めるのでペースがつかみやすくなったといえばそうなんですが、でももっと稼働していたいんだ…っていうことで。しばらく試してみたいところ。 

でも常日頃言ってるんですが、早くクローン技術と記憶の移植技術が出来てほしいんですけど…。
そしたらもう何人か自分を用意できて効率的なのにな…。

…科学技術の発展を願ってやみません。



▼ブログランキング参加中です
にほんブログ村 BL・GL・TLブログへ にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

 

物語を作るとき

なんだかんだで物語的なものを作るようになってから25年くらい経過しているので(お金もらうようになってからは15年くらい……)、そうすると自分の中には「これをこうやってああやって作る」みたいなやり方が出来上がっているので、特に明文化・意識化しなくてもできてしまうことになるんですが、それだと人に説明するときには不親切なんだな……と改めて思ったので、物語を作るときの話(簡略化版)です。

売れる・売れないとか面白い・面白くないとはまた別の、物語を作ろうと思ったらこういう考え方をするんだよって言うメモみたいなものなので、毎度のことですがあんまり期待しないで先にお進みください。




▼ブログランキング参加中です
にほんブログ村 BL・GL・TLブログへ にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

 続きを読む

「他人の権利」という概念への理解を

昨日のブログ記事について、またも「○○という情報を自分で公開しているから削除した方が良い」というご意見をいただいたわけですが、いい加減ネットに他人が書いたことを勝手に拡散してしまってもよいという考えは捨ててください。

自分の情報の取り扱いについて、もちろん、本人が一番注意を払うべきであることは明らかです。
が、それは他人が「自分でネットに書いたのだから後はどんな扱いをしても構わない」という身勝手の免罪符にしてはいけません。

それは加害者が被害者に責任を転嫁している発言です。
貴方が自分で加害することを選び、その結果他人が被害を受けたのです。
被害者に非があったのだから自分は悪くないのだ、というのはおかしな考えです。

もちろん、中には相手に非があるからこのような事態になったのだと言えるようなことも存在します。
ですが「Twitterの発言から個人情報が推測できたのだから晒してもいいはずだ」というのはおかしいですし、これがTwitterが他のSNSだろうとなんだろうとおかしいことに変わりはありません。

これは「他人の権利」の問題です。



▼ブログランキング参加中です
にほんブログ村 BL・GL・TLブログへ にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ


 続きを読む

気持ち悪いことを調べようとするのは止めてください

ブログ

最近の検索フレーズがこんな感じで、どうにも気持ち悪い感じなので、さすがに私も困惑しています。

誕生日くらいまでならまあ……と思いますが、自撮りとか本人画像とか検索して何するんですか?
私は芸能人でも女優でもモデルでもありませんので、当然ながら公式に本人画像を公開する予定はありません。 

というか「浅葉りな 自撮り」「浅葉りな 本人画像」「浅葉りな 誕生日」って、本気で気持ち悪いですよ……。
こういうことをするのはいい加減にしてください。



▼ブログランキング参加中です
にほんブログ村 BL・GL・TLブログへ にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ



続きを読む
記事検索










楽天市場
メッセージ

名前
メール
本文
作品一覧
シナリオライター/小説家/漫画原作者です。お仕事のご相談は随時承ります。女性向(ティーンズラブ・ボーイズラブ)中心ですが男性向にも対応可能です。









Amazonライブリンク