アフィリエイトサイトに無断転載されたので警察に相談してみたというまとめが流れてきたので、誰でも簡単にできる無断転載サイトの倒し方をパターン別にまとめました。続きを読む前に、まずは以下のポイントをおさらいしましょう。
  • 日本では二次創作同人誌であっても著作権は発生するため作者には文句を言う権利があります
  • 上記に関して「著作権侵害をしている立場なんだから文句は言えない」と言う人がいますがです
  • 「二次創作同人誌のことで警察にいくと逮捕される」もです
自作のイラストを転載されて嫌な気持ちだと言うときには遠慮なく通報しましょう。作者には自分の著作物の無断使用を断る権利があります。
ただ、ハイパーリンクに関しては防げないので、直リンで困っている場合には外部サイトからのリンクを弾くような設定にしておくなどの対策を取るのがいいかもしれません。そこも合わせて説明します。


▼ブログランキング参加中です
にほんブログ村 BL・GL・TLブログへ にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

 
angrycat

自分で描いたイラストを無断で転載されるの、なんかイヤな気持ちですよね?
リンクでやブログパーツを利用した埋め込みで紹介されるならまだわかりますが、勝手に保存されて「●●な画像まとめ」なんてタイトルで表示されているとイヤな気分になる方も多いと思います。
最近は同人誌をスキャンしてアップロードして、閲覧できるようにしているサイトまである始末です。しかもそういうところはだいたい「問題があるなら連絡してください」なんて書いてある。ムカつきますよね?

私は正直ムカつきます。 自作ゲームの制作を止めたのは、そういう無断配布が多かったためです。
ストーリー紹介って言ってゲームのテキストを全部ブログに公開してゲーム内のグラフィックも全部転載するなんて言うサイトまであって、正直、大変やる気をそがれました。 少しならいいですが全部、しかもシナリオまでコピペって…。

でもそういうサイトはだいたい悪気があってやっているわけではありませんし、話せばわかってくれたりもします。
ということで、今回はパターン別・著作権侵害サイトの潰し方です。 簡単なのでさっくり潰してしまいましょう。




1. 悪気なくコピペや転載をしているケース

selfy (1)

世の中には悪意がまったくなく、無断転載をする人が多いです。パクリに敏感な同人関係の人だって写真の無断転載は気にしなかったり、コラも気にしなかったりします。

そのような悪気のない人にまで強引な手段で対応していては逆恨みされる元になりますし、相手を見て以下のような対策を取りましょう。
  1. その絵を描いたのは自分で、転載は許可していないから止めてほしいことを説明する
    →だいたいの人はこれで止めます。海外の人もこれで止めてくれたりもします
  2. SNSなら管理者宛に連絡して注意を促してもらったり削除してもらえるように頼む
    →だいたいのSNSには「著作権侵害をしない」のような項目が利用規約にあります
  3. 聞いてくれない場合は検索エンジンに連絡にしてしまうと検索には引っかからなくなります
    →Googleの場合はここを参考に。ただしこの方法は名前などが公開されるので最後の手段
だいたいは2番目くらいまでで解決します。
海外で勝手にDLできるようにされているのなんかはGoogle八分の方が楽ですが名前は公開されるので注意が必要です。

でもこういう悪気がないのの場合、まだあきらめもつく場合もあるからいいんですよね…。
イラッとするのは次みたいなケースです。



2.まとめブログやアフィリエイトブログに転載されているケース

afi

最近は女性向でもアフィリエイト目的での無断転載が増えてきました。
よくある「●●なイラストまとめ」や「同人誌読み放題」みたいなやつはだいたいアフィリエイトだと思っていいです。
そういうところで読んでも作者さんにはまったく利益がないどころか、イライラが募って創作を止めてしまったりすることもあります。

と、いうわけで止める前に無断転載サイト潰しをしちゃいましょう。
ブログならブログの管理会社、独自ドメイン(聞いたこともないような名前で●●.comとかそういうのはだいたい独自ドメインです)のところはサーバーの管理会社に通報です。
まずはwho isというのを使います。これでサーバーの管理者が調べられます。
管理先が違う場合もあるので、見つからない場合はいくつかのところで調べてみるといいです。
Googleで検索して出てくるところに上から順番にアドレスバーに書いてある文字列をコピペしてぶち込んでみましょう。

英語で出てくるので分かりにくいと思いますが、Admin Emailというのが管理者のメールアドレスです。
Adminのところに個人名っぽいのが出ている奴はだいたい契約者本人の住所氏名ですが、最近は管理会社の登録代行サービスを使っていることも多いのでAdmin Nameというのを見ましょう。
ここに会社の名前が書いてある場合、だいたいはそこがサーバーの管理会社かドメインの管理会社です。 

管理会社がわかったら、そこの名前をぐぐります。お名前.comとかムームードメインとかが有名です。
それで管理しているところにたどり着いたら、そこの「お問い合わせ」フォームなどから迷惑行為について連絡します。無断で転載されて困っています、というと注意してくれたりします。(サーバーによって対応が違います)
アフィリエイトブログをやってるような人は結構お触り禁止な性格をしている人もいるので、場合によっては粘着されたりするので住所氏名は伝えないように言っておいたほうがいいです。※ガチで脅迫をされた経験があります


3.相手が削除してくれない場合

easy

相手が削除してくれないし話も聞いてくれない場合は、プロバイダ宛に書面で著作権侵害についての書類を送りましょう。詳しい手順はここです。
簡単に言うと、著作権侵害のデータを削除しなかった場合にはプロバイダも責任を負わされる場合があるわけです。なので書面で削除要求します。これで削除すればプロバイダは責任を問われない、というシステムなので、これが自分の著作物ですと言う証明ができれば割と簡単に削除してくれます。
海外サーバーの場合にはこれを送っても効果がないのでお問い合わせフォームから英語などで問い合わせるといいかと思います。海外は著作権侵害についての対応は結構速いです。

how

もちろん、海外と言っても英語が通じるところばかりとは限らないのでダメなこともありますが…。
そういうときはGoogle八分。
検索に引っかからなくするだけでも少し目障りな気持ちは軽減されますし。 

警察に行く…という方法ももちろん取れますが、警察に行くと物凄く面倒くさい上に対応してもらうのも大変なので、相手を逮捕させるのが目的とかじゃなければ削除くらいで手打ちにした方が楽です。
田舎だと著作権侵害って言うのを理解してもらうだけでも大変ですし。


4.直接リンクされている場合

SNS提供のブログパーツなどの場合には諦めてお引越ししましょう。
そうではなく、自分のホームページの画像に直接リンクされて困っている場合、いくつかの方法が取れます。
  1. 画像をスライスする
  2. 外部リンクを拒否する設定にする
代表的なのが上記2つです。
外部リンクを拒否する設定に関しては、.htaccessというのを使います。
サーバーが.htaccessを使えるところの場合、ここで簡単にファイルを作れるので作って設置しちゃいましょう。
呼び出そうとしても画像が表示されなくなります。

なんか難しいしよくわかんないよ!って方は、ちょっと古い方法ですが画像のスライスを使います。
htmlが分かる人なら、あとは画像のスライスの仕方さえ分かれば簡単にできます。やり方はここにありますのでどうぞ!これで一度に持って行くことができなくなるので、転載を防ぐことができます。
スクショされちゃうと意味がないと言う欠点もありますが、それはもうウェブの宿命なので…。



と、いうわけで簡単な著作権侵害サイトの潰し方でした。
ストレスなく創作できる環境を勝ち取りましょう!