今日はもう、とにかくこれに本当に腹が立って仕方がなかったのでブログ記事にしました。
簡単にまとめると、
  1. 「言うことを聞かないと差別するぞ」というのはよくない
  2. しかもそれを言っているのが政治に携わる人間なのがよくない
  3. その上、男性→女性の発言なのでどストライクによくない
という話です。多分長いので読みたい方は続きをクリックしてください。

▼ブログランキング参加中です
にほんブログ村 BL・GL・TLブログへ にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

BLコミック「イチから教えて」連載中@リイドカフェ

バナー



別にどんな意見を持っていようが個人の自由ですし、それ自体に文句を言うつもりは一切ありません。

(もちろん反論したいときには反論しますけど、それもまた個人の自由なので)
でもBLが好きな女性に言うことを聞かせようとするときにそれを言うのはもう、本当に、絶対よくないよね…!? っていうことで「なんで男性向けばっかり」っていう問いへのアンサーと何がよくないのかというのを連ツイしました。


なんで「やおい論争」がぶり返されるのが女性差別かって、昔からBLはめちゃくちゃ攻撃されてきたからです。
権力に、ではなくて、男オタクに。

BLは主に、女性の女性による女性のための創作物です。
それであるのに「男同士の恋愛もの」であったのもあり、同性愛差別だの女性差別だのが混ざり合ってもうずっと「馬鹿にしていいもの」みたいに扱われてきました。

たとえばアニメでカッコイイ男の子がたくさんでてくる女性向けのアニメは「ホモアニメ」「ホモ●●(←ここにはスポーツ名とかそういうのの略称が入る)」と揶揄されますし、少年漫画でもカッコイイ男の子がたくさん出てくると「腐女子向け」なんて揶揄されます。

以前からTwitterやPixivでも「腐向けは隠れろ」と攻撃をされたりしてきました。
男性向けはワンクッションも何もなく、消しもほとんどないエロ絵を堂々と投稿しているのに、です。
しかも腐向けの基準はものすごく適当で、女性が描いた男性キャラの絵は全部腐向け認定されたりします。

「やおい論争」はそんな環境の中で幾度となく繰り返されてきたもので、中には女性同士の論争なんかもあるんですが、この場合の「やおい論争」はニュアンスとして「BL規制」の話であろうと思われます。

そう考えると酷くないですか?
「男向けを無条件に擁護しないとBLも規制されるぞ!」って。どんな脅しだよって思いませんか?






冒頭の小泉議員の発言は先日から行われている「ゆらぎ荘論争」の文脈の中で発されたものです。
簡単にまとめるとゆらぎ荘の幽奈さん」という週刊少年ジャンプ連載のマンガで、巻頭カラーで特に物語の展開には関係なく巻頭カラーなので海水浴をさせる→女性キャラ全員の水着がきわどく脱げる…というのをやって「こりゃあさすがにジャンプでやるのはやりすぎなんではないか?」というのが発端です。

それに対して「エロを規制しろというのか!!」と一部の方々が吹き上がって今、という感じなんですが…。正直なところ、私はジャンプであんまり際どいのはどうなのかなあ、と思っています。
一応ジャンプは「少年マンガ誌」だし、小学生から読むような雑誌だし。
そんな雑誌で「特に物語の展開に関係なくほぼ裸の女の子が嫌がっている顔をしているもの、をエロいものとして提示する」のはどうなのかな、と思うからです。

でもそれは「規制しろ」ということではありません。むしろ一律の規制には反対で、どちらかといえば「節度を考えるべきだ」というのが私の立ち位置です。

小学生男子に見せていいのはどういうエロまでなのか? ということです。
ちょっとエッチなものを楽しむのくらいは全然いいと思います。でもその「ちょっとエッチなものというのはどこまでならOKなんだろう?」というのは常に、送り出す側が考えていくべき問題だとも思っています。

子供というのは周囲の色々なものから影響を受けるし、その中には漫画や、周囲の大人の言動や、社会の風潮や、色々なものがありますよね。
特に日本は「ジェンダーギャップが144か国中111位という世界の中でもまれに見るほどの女性差別の激しい国」です。これは内閣府の資料できちんと数字として出ています。

しかも日本では性教育も人権教育もまったくといいほどされていないので、しょっちゅうCMが女性差別で炎上したりするわけですよ……。
女の子の身体は自分たちのものだと日常的に垂れ流している状態、とでも言いましょうか。そういう表現が世の中に溢れている中で男の子は育ちます。

男の子のするスカートめくりみたいな「いたずら」は許されるべきだとか。
男の子は好きな女の子をいじめてしまうものだから許してあげなさいとか。

そういうのに女の子はもう物心つく前から晒されるわけですね。
そんな中で漫画でまで男の子にそういうものを見せていくのは「本当にやってもいい」のかどうか、という話だと思います。

別にパンチラとか露出とかを全面的に規制しろとかそういう話でさえなく、「子供も読む雑誌ではどういう形でエッチなものを入れるのか少しは考えない?」という話です。

そんな中での冒頭の発言であったので、私はもう、とにかく頭に来ました。
問題の本質を全く分かってない上に脅しまでするのか、と。

それでツイートしたのが以下のツイートです。


はっきり書いてますよね。「差別するぞは言うべきではない」って。

ですがそれに対してのツイートはこれです。


さすがに私も怒ります。
どうかと思うって何? 私には「差別するぞはよくない」という権利がないとでも?


よくこの手の論争では「BLはどうなんだ」「少女マンガはどうなんだ」と引き合いに出されます。
そりゃもう、嫌ってくらい引き合いにだされるんですけど、でも、BLも少女マンガも小学生向け雑誌に突然男性向エロ相当のエロを乗せたりはしないんですよ。

ティーンズラブはティーンズラブ雑誌に載ってるし、ボーイズラブはボーイズラブ雑誌に載っています。
もちろんごく普通の少女マンガにもエッチなものは確かにあります。
でもそれは「そう言う雑誌に掲載してあるもの」なんです。いわゆるゾーニングのされた状態です。

それに少女マンガの性描写って基本的には「恋愛描写」とセットになっていて、なんでかっていうと恋愛の末にセックスがあるものだっていう流れから来るものだからなんですね。
もちろんポルノ的な性描写のある作品もたくさんあります。
でもそれ以上に昔からずっと「性とは何か」みたいな問いかけもされてきているわけなんですよ、少女マンガ。それが女の子にとっては身近な問題でもあるからです。

もちろん、少女マンガにだって以前から批判はあります。
「男の子に認められて幸せになる」展開が女の子の内面に影響を与えているのではないか、みたいな。
ディズニー映画はそういう批判を受けていわゆるプリンセスものから脱却して行こうとしているところもありますよね。アナと雪の女王とか、モアナと伝説の海とか。

だからその意味では少女マンガも色々考えなくちゃいけないのかもしれない。
でもそれは「少女マンガだって、ボーイズラブだってエロいじゃないか」って言われるのとは全く別の話だと思います。

「BLだって糾弾されるべきだ」なんていうのはお門違いです。
基本的にはBLはBL雑誌にしか掲載されていないし、エロくないBLならたとえ少女マンガ雑誌に掲載されていたって特に問題のあるものではありません。

もしも少年ジャンプと同じような位置づけの少女マンガ雑誌で露骨なエロBLをやってたら、私はゆらぎ荘問題と同じように「それはさすがにやり過ぎでは」と言うと思います。正直、馬鹿にされている気持ちです。

そろそろ何でもかんでも「表現規制する気か!」と言い出すのは止めてほしいし、女性に何かさせようとするときに脅しを使うのも止めていただきたいです。
少なくとも私は「規制しろ」なんて意見はおかしいと思っているし、だからこそ一緒くたに殴られて大変不愉快だし、脅しをかけられて強い怒りを覚えました。

今回私が「ゆらぎ荘の幽奈さん」についてやり過ぎだと思っているのは、表現規制が正しいと思っているからではありません。
ただ私の考えとして「あれはやり過ぎだ」と感じるし、それを口にする自由を私は持っているのです。


▼ブログランキング参加中です
にほんブログ村 BL・GL・TLブログへ にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ